荒川養殖漁業生産組合

当館では春メニューで天然仕立てアユを味わうことができます。生産者こだわりの味をご堪能ください。

天然に負けないアユを育てる

さくら市の荒川養殖漁業生産組合は、主力商品であるアユのほか、ヤマメ、イワナ、ウグイ、ヤシオマスの養殖と加工品の製造販売を手がけています。

昭和46年の創業以来、こだわっているのは「天然より天然に育てる」こと。そのため養殖池の水やエサ、飼育環境などに独自の工夫を凝らしています。

 

豊かな自然の恵みから生まれる養殖アユ

「養殖池の水には、那珂川の支流である荒川の伏流水と、地下300mから汲み上げた地下水を混合して使っています。良質な水を使うことで、クセがない食べやすいアユに育ちます。さらに水車を24時間回して水流を発生させ、アユが棲む川に近い環境をつくると同時に、水の中に酸素を取り入れています」と話すのは、荒川養殖漁業生産組合の渡邊学さん。豊富な伏流水と良質な地下水で育ったアユは、天然仕立てのアユとして、栃木県内のほか、豊洲市場などにも出荷されています。

天然に近づけるために、餌にもひと工夫

エサには、オリジナルの配合飼料を使っています。天然アユの色に近づけるために、オキアミの粉末を混ぜているほか、魚の成長・季節によって必要な成分が変わるので、必要に応じて餌を数種類使い分けています。

 「私たちが自信をもっておすすめする安全・安心でおいしいアユをぜひ召し上がってください」と胸を張る渡邊さん。自然の恵みと生産者の想いが、天然アユに負けないおいしいアユを生み出しています。

 

生産者のこだわりを味わう

当館の春メニューで、この天然仕立てアユを味わうことができます。ぜひこの機会に、生産者こだわりの味をご堪能ください。

https://www.arakawayoushoku.or.jp/